美味いカニのポイントは?
美味しいカニを見分けるポイント。素人が見てもわかりにくです。ただ、カニ好きの私が一つだけ言えることは活ガニって本当に美味しいです。冷凍したカニは冷凍する時に一度凍らせてから海水につけて更に凍らせてを繰り返します。そうする事でカニの表面に氷の幕が張って冷凍している最中でも鮮度がたもてます。ただ、この氷の幕も時間が経過するごとに薄くなってしまい、冷凍庫の中で酸化している場合が多々あります。そのため、冷凍したカニを食べた時にパサパサしているなどのケースがあります。反面、冷凍をしていないカニは本当に美味しい。ただ、落ちガニと言って死んでしまったカニではだめです。弱っていても良いので、活きている状態のカニを大量のお湯、塩を入れて茹で上げて茹で上げた瞬間に食べるのが最高の贅沢です。いわゆるホクホクした状態でカニを食べる、たまりません。ただ、茹で上げた後に一度冷やしてから食べてもまた味が引き締まって美味しく食べられます。このように生きているカニを茹でてから、一度も冷凍しないで食べる事がカニを食べる一番の贅沢ではないでしょうか。冷凍も悪いとは言いませんが、一番美味しいカニの食べ方は”未冷凍”と覚えておくと良いでしょう。

About