日持ちのする和菓子の内祝い
お祝い事があり、お祝いをいただいたら内祝いとしてお返しをすることが必要です。お祝いごとによっては内祝いをしなくていい場合がありますが、気持ち的にもお返しをしたいと思いますよね。お祝いのお返しは地域によって金額が異なりますが、大体1/2~1/3という場合が多いようです。あまり高額な内祝いを考えていない場合はお菓子をお返しにする人が多いです。生菓子などは消費期限が短く、贈る相手を選んでしまいます。家族が多くすぐに消費できる家庭ならいいのですが、少人数の家庭の場合は日持ちのするお菓子のほうが喜ばれます。高齢の家庭に内祝いを贈る場合和菓子の中でも日持ちのする「おかき」はいかがでしょうか。おかきというと、安いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、予算に応じて色々なおかきがありますよ。一つずつ和紙で包装されたおかきは高級感があります。生菓子と比べて圧倒的に消費期限も長いので少しずつ食べていっても心配ありません。おかきの専門店では内祝い用のおかきが多種多様。職場の人に対して、親族に対してなど内祝いに困ったらお店の人に相談すれば的確なアドバイスをもらえますよ。幸せのおすそわけには和菓子を利用してみては。

About